価格崩壊を実現!ご提供する価格は日本一!

多数のアミューズメント業界様から業者様、個人様がご用達! 有限会社ベンチャー・インベスト

閉鎖のお知らせ

「みのさんた パチンコ黄金率 必殺仕事人」にお越しいただき、ありがとうございます。

こちらのサイトは閉鎖いたしました。長い間のご愛顧誠にありがとうございました。

パチンコ黄金率の伝道師であるみのさんた先生の最新の記事は、下記アメーバブログでご覧いただけますので、ぜひご訪問ください。

オンラインカジノの歴史

13 aug 2017

現代では、インターネットのない生活 はほとんど考えられない時代です。 私達は日々の生活の中でオンラインアクセスに頼っており、インターネットは非常に多くのことに大きな影響を与えています。わからないことは何でも検索でき、コミュニケーション方法やショッピング、そしてビジネスの仕組みはインターネットのお陰で劇的に変化しました。

インターネットは多くの業種に大きな影響を及ぼしていますが、ギャンブル業界も例外ではありません。最初は小規模でしたが、オンラインギャンブルは毎年何十億ドルもの価値があるビジネスになっています。 今や何百ものギャンブルサイトがあり、 インターネットに接続できる人なら誰でも簡単にカジノゲームを楽しんだり、スポーツイベントに賭けをしたり、ポーカーをプレイすることができます。 

オンラインカジノの歴史は、1994年にイギリス連邦加盟国のアンティグアが初めてオンラインカジノ運営者へ 正式なライセンスを発行する法律を可決されたことから始まります。

同年、今でも活躍を続ける大手のオンラインカジノのソフトウェア開発会社であるマイクロゲーミング社が設立され、オンラインセキュリティソフトウェア会社であるCryptoLogicによって開発されたソフトウェアで保護されていました。安全な取引は実用化され、1994年に最初のオンラインカジノに導かれました。 

インターネットギャンブルのウェブサイトは、1996年は15サイトから1997年には200サイトに急激に増加し、1998年あたりから日本語対応のオンラインカジノが登場し始めました。現在では人気のベラジョンなど、日本語対応オンラインカジノもどんどん増え、大規模な市場に発展しています。 オンラインギャンブルの収益は、1998年だけで8億ドルを超え、 2017年には458億6,000万ドルに増加し、2018年には560億5,000万ドルになると予測されています。